女子大生NAMIの並な日常

カシコ(賢い人)とヤバビト(やばい人)に囲まれた女子大生の、モラトリアム日記です

大企業と東大のエリートにまぎれて3センチくらい浮いてきた

こんにちは、ナミです。

今日も元気に引きこもってます。

 

2ヶ月ほど前から、とある勉強会に参加しています。せっかくいろいろ学んでいるのでブログでシェアしますー!

 

 

どんな勉強会?

 


金融業界の幹部と金融の未来を担う頭のいい人たち(主に東大生)向けの勉強会です。

株式会社Finatextとは、金融教育を掲げてビジネスをしているベンチャー企業です。代表的なサービスはあすかぶ!ですね。

 

 

プログラムの概要

実体経済と金融の関わり、資本主義における金融の役割、技術と金融の融合、などについて理解し、思考し、プログラムの後半では近未来の金融システムにおいて各参加者が果たす役割にどのようなものがあるか、具体的に構想し、金融システムを創造するアクションに結びつけられることを狙いとし、理論と実践に重きを置いたオムニバス形式の講義プログラムとする。講師には各分野で最先端を開拓し、現実にディールをドライブしている日本を代表する研究者・実務家を起用。それぞれの分野の空気に触れる機会を提供する。とくに後半ではパネルディスカッションの形式も取り入れ、座学にとどまらない講師・受講生の間のディスカッションを通じて、講師・受講者相互または受講生間のネットワーキングにも資する枠組みをとりいれる。このため、受講生には単なる聴講にとどまらない積極的な参加を期待する。公式サイトより)

 

えーとぉ、つまり......

 

なぁ、そろそろ金融の世界に革命が起きそうじゃね!偉い人たち呼んで、みんなで意見交換しようぜ!よくね!お前も積極的に発言しろよ!

 

そういうことでしょう。そう思うことにします。 

 

本来であれば私には参加資格はないのですが、「金融教育を推している女子大生?おもしろいから君きていいよ」ということで、初回から参加させてもらっています。毎回所在なく、フワフワした気分でちょこんと受講しています。

 

大学の講義とおなじに、全15回、1回90分で構成されています。今回で折り返しの7講義目でした。

 

毎回異なる金融界の著名人がゲスト講師として招かれ、あれやこれや教えてくれます。

 

 

勉強会のテーマは?

 

f:id:imanop:20170720013220j:plain

 

毎回のテーマは、金融とバブル。バブル生成から崩壊の原因まで、私がリアルタイムで経験していないお話を豊富に伺いました。

 

資料はスライドで60枚程度。英語と日本語と金融の専門用語がちりばめられておりました。ちんちくりんには大変難しかったです。

 

以下、がんばって要約しました。

バブル崩壊

不良債権証券化 

 

1986年 バブルの兆候

 

銀行日本「なんかさん、最近バブルがきてる気するんだよね。ねえねえ日本政府···」

日本政府「うっさい。高度経済成長なのよ今は!イケイケドンドンなの!」

日本銀行「わ、わかったよぉ(しばらくそっとしておこう)」

 

1989年 バブルのピーク

 

日本銀行「うわ、バブルそろそろヤバイって。バブル対応施策だそう!」

日本政府「え、今?!うわ、うわぁああ景気が急降下ぁぁあ」

日本銀行「あれ?こんなに効果あると思わなかった。ちょ、まじか!!」

 

 

日銀がタイミングを誤解したのは、日銀が消費者物価指数(CPI)を参照して景気を判断していたから。CPIは実体経済と乖離しています。

ビックデータ(POSデータ)を使用して当時の物価を計算すると、指数に2年ほどの差が生じているということがわかります。

 

日銀がバブル対策を打った1989年度はすでにピークを少し過ぎ、下降トレンドに変換していました。よって、抑制のつもりで打った施策が加速度的に効果を発揮してしまい、「バブル崩壊」という極端な事象を引き起こしました。

 

 

不良債権証券化

 

xn--k9j703lrer.com

こちらがわかりやすいやってので参照してみてください。

 

正直よくわかりませんでした(ニコッ)

なんとなく理解したことを書いてみます。

 

会社が保有している不動産等の資産を証券化することにより、会社の価値を事業以外で加算することができる。(これは本質的な企業価値とズレる。)

将来、資産の価値が上がるか下がるかわからないので、利率は変動する。

この仕組みの肝は債権の格付であるが、格付けの仕組み作りも金融機関が担っていたため、金融機関が確実に儲かるよう設計されていたらしい。

 

うん、よくわからないな。笑

 

勉強会に参加して、反省

 

 

・専門用語が多すぎて、ググるの大変だった。知識不足。て

証券化について、むずかしくして質問さえできなかった。

 ・いや、そもそも何がわからないのかわからない状況だったな。

 ・不良債権証券化を面白く説明できるようになりたい

 ・誰か教えてください······

 

 はぁ。精進しよう。

 

 

次回の第8回目講義「貯蓄から資産形成と金融システム」は9月に開催されます。

それまでは夏休み〜♪ まぁ私は人生の夏休み中だけど。